プロフィール

転職と退職を経験し3人の子育てに奮闘中!

初めまして、ペンギンです!私は在宅で仕事をしながら、3人の子どもを育ています。短大を卒業した後、企業で7年間働き、その間に3回の転職を経験しました。忙しい毎日の中で精神的に体調を崩し、医師から退職を勧められることになりました。


退職後の困難と新たな挑戦

退職後、私はパニック障害や適応障害を併発し、自宅での療養を余儀なくされました。少し回復したものの、再び社会に出ることが難しく感じ、フリーランスとして働くことを決意しました。未経験の分野での挑戦でしたが、少しずつ収入を得られるようになり、今ではフリーランスの仕事を楽しんでいます。


身を持って感じた退職の難しさ

私は、退職することがいかに難しいかを身をもって経験しました。特に、精神的に辛いときに自分から退職を申し出ることは非常に困難です。心身のバランスが悪く、急に発作が出ることもありました。

同僚に理解してもらうことの難しさや、退職後の経済的不安が、退職を遅らせる要因となっていました。また、新しい職が見つかるかどうかわからず、将来への不安が退職の壁となっていました。

難しい退職をクリアした方法

私は退職を自分から伝えるのがとても辛かったです。医師からも「今の環境から早く距離をおいた方が良い」と言われていましたが、それでも誰かに助けてほしいと強く感じていました。その後、退職してから「退職代行サービス」を知りました。

理解してもらうのが難しい環境にいるとき、退職を代行で伝えてもらえるサービスは本当に助かると感じました。私は、このような状況で苦しんでいる方々に、少しでも退職に前向きになってもらえるような情報を発信していきたいと思っています。


退職して分かったの職場を離れる重要性

私は、辛い職場で働き続けることが精神的な健康に悪影響だと気付きました。退職することで、働き方や新しい環境を見つけ、スキルを活かすチャンスが広がりました。さらに、より良い労働環境や生活のバランスを見つけることができました。退職し、自分に適した環境や働き方を見つけることで、生活全般の質が向上しました。

退職で感じたメリット

現在、フリーランスで働く私は、ストレスを感じることなく収入を得ることができています。気持ちが安定している時間も長くなり、生活の質が向上しました。パートナーや子どもたちと何気ないことでも笑って過ごせるようになり、朝がくるのが怖かったあの日々を経験したからこそ、分かった辛さがあります。

辛い経験を共有し、同じ悩みを抱える人々へ

精神的な体調不良で退職を決意するのは非常に辛い経験でした。同じような境遇で苦しんでいる方々に少しでも役立つ情報を発信したいと思い、このブログを立ち上げました。


ブログでシェアする内容と目標

このブログでは、私の退職経験やフリーランスとしての挑戦についてシェアしていきます。同じ悩みを抱える皆さんとつながり、一緒に前向きに進んでいけたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします!